[2]雨パの基本から見る構築の基礎

〔前回の続き〕

それでは、初手でニョロトノとラティオスが対峙した場合、ラティ側は何を選択するでしょうか。

ニョロトノの型にもよりますが、一般的に多いスカーフやジュエルでは雷は当然重く、
さらに雨で必中となっている為対面では大安定の選択肢です。
同時に流星群という選択肢も考えられます。

眼鏡流星を確定で耐える調整を持つトノもいますが、
初手の段階で展開基点がほぼ瀕死状態になることは雨にとっては展開放棄にも近いものがあります。


相手側に天候上書要因が見当たらなければまだしも、そういったケースは稀です。
相手側としては殆どのニョロトノを消し炭にする眼鏡雷、また弱点関係なく大火力を持つ流星群。
この2つの技どちらも相手に痛恨の一撃を食らわせる事ができ、この時同時に自身への痛手は殆ど貰いません。

ジャンケンで言えばグー出してもパー出してもほぼ負けない事が分かってる状態。
格ゲーにも言えますが、相手に安定の択を与える事は、
少なくともそれが戦略・戦術に通じているものでなければ完全な失策です。
これを初手から与えてしまっている状態。

雨ではより深刻で、展開基点を失うかグドラ無双の懸念を払拭する要員である3体目が痛手を負ってしまう。
最初に書いた通り雨は展開想定が全て、融通が利き辛い。
ただでさえそうである雨パにおいて、
ロクな役割も果たせず一方的に削られる事が何を意味するかは一目瞭然です。

例えば流星を撃たせて、それを起点に展開を作るという事が出来れば話は別です。
カバドリュであれば身代りからの剣舞等で無双の下地を作る事も出来るでしょう。
ただ、雨にはこれがない。
身代りを貼ろうにも自身の弱点から難しい。

相手としては、初手にラティの様なポケモンをおけば容易に相手を追い込めてしまう状況ですね。
しかも、それが雨戦略の基幹を揺るがす事すら可能に。

_______________________________________________________________


であれば何を考えれば良いか。
雨側としては相手の安定択を潰すしかありません。

簡単な方法は、
①交代で受ける事が出来、且つ相手に圧力がかけられるポケモンを採用する。
②対面で勝てるポケモンを採用する。

例えば①で言えばナットレイが典型例。電気は半減、龍も半減。

②は対面ラティ想定ならグロスなんかもそうですね。
メンツ的には当然①と被る部分はあります。
ただ、スカーフで上からラティを潰す事が出来るポケ等も含まれるため、こちらは多様と言えます。
(グロスはオボンでもない限り例えば雷で2回撃たれて落ちるので①には入らない)

①にも②にも、特に①ですが重要なのは安定択とならない事が相手に認識される事です。
当然主体的に回答を用意する工夫が必要ですが、
この安定択を潰す事で雨展開と相手対応に大きな影響を与える事が可能となります。

この対応からvs雨の択が広がっていくと言っても良いのではないでしょうか。

相手の択が複雑化する事が戦略上どれだけ重要かつ有益かは、
この類いのゲームをやっている人なら当たり前の様に認識しているでしょう。
(択の単純化を利用する戦術を否定するものではありませんが)

_______________________________________________________________


基軸であるトノグドラの展開補助、
加えて(エースの天候依存度の高さから)他天候ポケへの睨みの2点から雨構築が始まります。
一方で壁に極端に弱いという欠点もありますが・・

展開ゲーはともすれば単なる博打になりやすい性質があります。
つまり、構築の上では相手の対応に詰まない様にする事が肝要。

例えば展開の方法を複数用意する事や、グドラ1本でなく別の勝筋を用意するなどして、
パーティ単位での対応幅を広げていく必要があるでしょう。
必要な条件があって、それを満たせば何だっていいんです。


つらつらと書きましたが、
これが強いという様な分かりやすい紹介記事でもありませんし、正直今更な基本的過ぎる話です。
このブログを見られてる方なら息を吸う事の様に理解している事でしょう。

ただ、この様に戦略単位でそれぞれのポケモンの採用理由が存在している事や、
そもそも勝利とは何を積み上げて成すものなのか、
それらについて考え、把握する事を疎かにしない事が我々プレイヤーには求められていると思います。

「相性補完で入れるんだ」ではなく、何故補完する必要があるのかから把握する事。
それは各駒を正確且つ明確に捉える事であり、ひいては構築のバリエーションの向上に繋がり、
新しいアイデアの源泉となり、対戦中のプレイングへの影響等ポケモンの全てに関わってくる。


先人達の取り組み、
現世代の上位プレイヤーの構築から自然とこういった常識は多くのプレイヤーに浸透しています。
ただ、この発展が逆に、
プレイヤー環境全体として見た場合に思考力の退化を招いている面も無いとは言えません。

アイデアだけ、その結果だけが切り取られ安易に利用されている事もある事でしょう。
知識があると、手段から物事を考えてしまう事に繋がりやすい。

アイデアというとパッと天から降りてくるイメージですが、
実のところ温故知新の精神から生まれてくるものです。

雨の基本中の基本から、このような事を改めて感じました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。