雨構築3

ラティオス グロス ニョロトノ
ガブラッキーgdr


もはやスタンの名を取る方向。
前に出る勇気。

スタンパという考え方を維持しつつ展開ゲー思想を取り入れ。
言うなればスタンでもコンボパ、展開パの類いとも違い、その融合を目指したパーティ。

この両立は簡単なようで難しい。
大抵は形式的汎用性を高めエッジの入らな過ぎるパーティとなるか、
実質的汎用性を高める事で汎用性を誤摩化す事になる。
キーは役割をより明確に、正確に把握する事にあるのではないかと・・


雨スタンを使い、そこから生まれた疑問が組み替えのキッカケ。

タイプの一貫性は実質能力により、その脆弱性を薄める。
相手の選出幅を縛りながら複数の展開形式を持ち、
雨によるメタ効果を活かしつつも型の適切さを持って幅広い範囲に効果的な選出が可能。
砂、霰、雨に対抗手段を確保し、環境に左右されづらい時間のない自分には助かる一面も。笑

自分の頭の中の目的を達成する手段としてのこのパーティ。
他の方が使って強いかは全く別の話です。
____________________________________________________________

単なる雨パ? 正解。

この辺りはまた今度。

____________________________________________________________

最近身内で放送ブーム。

自分も・・実はコミュだけは作ってたり?^q^
スポンサーサイト

Comment

いつも拝見させていただいてます
始めて雨で惹かれるパーティーだと思いました
追い風など様々なものを見てきたのですがこのパーティーは本当に使い手次第で変わりそうですね
よろしければ構成など次回教えていただければ幸いです
  • 2011/06/08 12:40
  • 美鈴
  • URL
No title
>美鈴さん
いつもご覧頂いているようで、ありがとうございます。
このパーティは仰る通り、使い方を理解する事が一番重要なポイントですね。
ある意味当然ですが、構成等の合理的な調整や遂行力の把握は勿論、選出~立回りの思考部分までも想定の上で使いたい所です。
もっと展開ゲーに特化すれば運用難易度は下がりますが、その分言ってみれば博打に近いものになります。そこでプレイングに依存する比率を敢えて高める構成を採用する事でスタンパにあるサイクルに沿ったデリケートな立回り(=条件依存度の低い形式的汎用性の実現)、そして同時に展開ゲー(=条件依存度が高いが強大な突破力を背景にした実質的汎用性の実現)も仕掛けられる器用さを両立出来るものと考えています。
展開ゲーが弱いという訳でもありませんので、もし展開ゲー部分を詰めるのであれば、もっとプレイング比重を下げて、より確実にダメージを重ねる構成が望ましいでしょうね。
正直自分もまだ考えが纏まり切っている訳ではありませんので、悩む日々は続きそうですが・・^^;

もう少し細かい数字を詰めたい所ではありますので公開はすぐに出来ませんが、いつか基本の狙い等説明の記事を書きたいと思います。
  • 2011/06/09 22:46
  • ニコル
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。