雨パ【私感】

雨パは簡単に表現するならニョロトノの雨降しにより天候を雨に変え、
それにより恩恵を受けるポケモンで展開を取りに行くパーティ。

特徴は雨によりS補正、水技威力補正、技必中補正、耐久補正が入る事に見られる様に、
天候を奪っている状態では非常に有利な状況を持てる事にあります。
その分主に天候支配に関連して展開を非常に大切にしていく事が重要になります。

雨の要素として最も強力なのはこの攻撃面。
加え、天候とそれに絡む構築の特徴から、天候ゲームになった場合の相対的な相性優位性や、
対ライド性能、対パルシェン等様々な対策要素を組み込む事が可能です。


ただ、雨構築には大きな落とし穴があります。
雨のテンプレ選出はトノグドラ。
しかし、この選出には注意しなければいけません。

何故か。
これは前述の雨の優位性と表裏一体の原因があります。
雨は天候による恩恵が非常に強力。
そして、グドラは典型的な天候依存ポケ。
Sも攻撃も天候に依存しており、ここをが奪われる事によるディスアドは計り知れません。
それに加え、攻撃技が水・龍に偏り遂行範囲の狭さの問題もあります。

通常これを補完するポケモンが3体目に選出されますが、
天候変化技等対策ひとつで天候依存度の高さを逆手に展開を崩され、
尚かつそれが直に負け筋に繋がる点が雨パの脆弱性です。


_________________________________________________________________

余談ですが、春先に雨パを始めた時にグドラを使う事を個人的に渋って(組み込みに難儀して)いたのはこの点からでした。そこでトノラティを基本とし、雨天候を活かした戦い方をするスタンという意味合いで雨スタンというようなものを模索をしていた流れですね。

ただ、やはり雨でここまで強化されるポケモンの組み込みをする事は、
勝筋を増やす事に加え、相手へのプレッシャー等、対戦時に得られるものは非常に大きい。

そこで先月からはグドラ入りで雨を考えていた所でした。


Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。