GROSS

グロス


みんな大好きメタグロス。
と言いたい所ですけど、こういう論調も割かし聞きます。

「グロスが強く思えない」


確かにBWになってグロスの天敵は増えました。
もっとも意識すべきはウルガモスでしょうかね。

グロス利用上もっとも神経を使うのは起点になる可能性の高いポケモンという事。
ウルガモスは勿論、ラッキー等グロスを起点にするポケモンも多く、
単なる役立たずになる場面も少なくはありません。

鋼ポケとしては今も大会等で最メジャーではありますが、
果たして以前ほどの採用価値を見出せるポケモンなのか否か。

___________________________________________________________________________________


型で多いのはシュカグロスや鉢巻グロス(含トリック型)。
ほか、ラム、悪ジュエルなど見ますかね。

使い方は伝統的な後だしからのサイクル展開。
流星群への後だし、逆鱗への後だし、氷技への後だし、岩技への後だし・・
そして、それら放つ相手に優位な技と耐性を持ってサイクルを回します。

悪ジュエルや鉢巻での追い打ちグロスなんかは役割を強く意識した型と言えるでしょうね。


そして、今最も多いシュカグロス。
こちらは少し毛色が違います。
上記と同じ使い方が出来ない事はないですが、むしろもっと攻撃的にグロスを採用しているパターン。
ガブバンギドリュに対してどの相手にも張っていける優秀な型ですね。

ただ、このグロス、強い相手にしか刺さりません。
採用思考は攻撃的ですが、その実受け思考である事は否めない。
この矛盾は面白いですね。
グロスの本来の役割を維持しつつ強い相手に刺したいという贅沢な考え方。
確かに機能する場面も多く、バンギドリュなんかのパーティでは何らかの対策必須。
ただ、どこまでいっても二兎を追う事には代わりありません。
600族という最優秀の種族値合計を持ちながらも、かならず綻びは発生します。

シュカグロスは基本的にはAは最小限の振りに抑え、その努力値の殆どをHDに振り分けます。
残りをBSに振り込むパターン。
どうしても手が遅れます。持つ技もそれを助長していますね。

ただ、それでも数が多いのは刺さる対象の数も多いから。
ここで重要なのは刺さらない相手の把握です。
サンダー、火力強化アイテム持ちサザン、ドラン、スイクン、キングドラ、ヤドラン
、水ロトム、ブルンゲル、ハッサム、ドータクン、ウルガモス、ラッキー、ポリゴン2、エアームド、キノガッサ、フワライド、カバルドン、クレセリア、ヒヒダルマetc・・

一例ですが、軽く考えるだけでもこの辺りは重い。
Sの遅さ、Aの半端さで寂しい攻撃して終わりになる可能性が高いですね。

ずばり言いましょう。
もし単体でグロスを考えるのであれば、シュカグロスは単なる器用貧乏です。
この場合グロスは強く思えない筈です。
明確に”強い”型ではありませんから。

ある敵に強くしたって、格ゲーのようにタイマン張って戦うゲームではありませんし、
展開を見る中で効果的に使う意図がなければ機能する筈がない。
もちろんその展開を作り出す誘因、構成、意識された筋、こういったものがなければいけません。

シュカグロスが腐る要因は構築にあることが多いという認識です。
砂パが重いからシュカグロス・・では通用しないでしょうね。

これは逆にシュカグロスを対策しようとしている時に無意識に理解出来ている筈です。

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。