見せ合い

例えばドラン。

相手にウルガがいました。
他のメンツ的にもドランが特別にシンドイという訳ではなさそう。

どうしますか?
多分ドランを選出しますよね。

ただ、これは相手にも見え見えです。
ここが難しい。

ドランを入れてる方の多くはウルガが重いPTも多いんじゃないでしょうか。
そのため、ドラン選出が縛られてる事も多いイメージです。

ウルガとドランにはこういった力関係が往々にして見られます。
こういった選出圧力の類いは例えば以下の特徴に依存するのかな?

・強力な積み技&攻撃技を持ち、受け側にターンの余裕が見込めないポケモン
・相手にする上で持ち物だけでの対策が汎用性を欠きやりづらい
・その対象に対し強力に遂行できるポケモンがいる
とか。


”見せ合い圧力”というと、ソーナンスにはよく使われますよね。
グロスやガブに毒を入れたくなる一因ですし、そう言う意味では存在そのものが選出どころか、
構築の内部まで圧力を及ぼしていますね。

今ではラッキーなんかも圧力の大きいポケモンでしょう。
前述のウルガもしかり。バンギカバのいるPTのドリュウズもそうでしょう。
雨で言えばグドラ。

このようなポケモンは採用しなくても事前に環境そのものに圧力を与え、
採用すれば選出段階でも更に圧力を重ねがけ。展開の中でも強力に圧力を与え続けます。
ほか、圧力に屈して対策を怠っているPTを食い物にすることが出来るでしょう。
選出時の読みリスクを低減させ、尚かつそれ自体が勝ち筋を演出、または実現させる。
このようなポケモン達は積極的に採用したいですね。

一方で、上の例で言えばドランはウルガにこそ目に見える圧力がありますが、
結局はパーティ全体としては一方方向にしか圧力の無い単なるメタポケ的位置。
こういった立ち位置で採用されると、まず選出が当たるかどうかのリスク、
さらに立回りの中で機能させられるかのリスク、また相手が想定する型であるかのリスク等、
後手後手に回る事が多くなります。
できればこういった立ち位置で採用する事は避けていきたいと個人的には思っています。


Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。