[2]雨パの基本から見る構築の基礎

〔前回の続き〕

それでは、初手でニョロトノとラティオスが対峙した場合、ラティ側は何を選択するでしょうか。

ニョロトノの型にもよりますが、一般的に多いスカーフやジュエルでは雷は当然重く、
さらに雨で必中となっている為対面では大安定の選択肢です。
同時に流星群という選択肢も考えられます。

眼鏡流星を確定で耐える調整を持つトノもいますが、
初手の段階で展開基点がほぼ瀕死状態になることは雨にとっては展開放棄にも近いものがあります。


相手側に天候上書要因が見当たらなければまだしも、そういったケースは稀です。
相手側としては殆どのニョロトノを消し炭にする眼鏡雷、また弱点関係なく大火力を持つ流星群。
この2つの技どちらも相手に痛恨の一撃を食らわせる事ができ、この時同時に自身への痛手は殆ど貰いません。

ジャンケンで言えばグー出してもパー出してもほぼ負けない事が分かってる状態。
格ゲーにも言えますが、相手に安定の択を与える事は、
少なくともそれが戦略・戦術に通じているものでなければ完全な失策です。
これを初手から与えてしまっている状態。

雨ではより深刻で、展開基点を失うかグドラ無双の懸念を払拭する要員である3体目が痛手を負ってしまう。
最初に書いた通り雨は展開想定が全て、融通が利き辛い。
ただでさえそうである雨パにおいて、
ロクな役割も果たせず一方的に削られる事が何を意味するかは一目瞭然です。

例えば流星を撃たせて、それを起点に展開を作るという事が出来れば話は別です。
カバドリュであれば身代りからの剣舞等で無双の下地を作る事も出来るでしょう。
ただ、雨にはこれがない。
身代りを貼ろうにも自身の弱点から難しい。

相手としては、初手にラティの様なポケモンをおけば容易に相手を追い込めてしまう状況ですね。
しかも、それが雨戦略の基幹を揺るがす事すら可能に。

_______________________________________________________________


であれば何を考えれば良いか。
雨側としては相手の安定択を潰すしかありません。

簡単な方法は、
①交代で受ける事が出来、且つ相手に圧力がかけられるポケモンを採用する。
②対面で勝てるポケモンを採用する。

例えば①で言えばナットレイが典型例。電気は半減、龍も半減。

②は対面ラティ想定ならグロスなんかもそうですね。
メンツ的には当然①と被る部分はあります。
ただ、スカーフで上からラティを潰す事が出来るポケ等も含まれるため、こちらは多様と言えます。
(グロスはオボンでもない限り例えば雷で2回撃たれて落ちるので①には入らない)

①にも②にも、特に①ですが重要なのは安定択とならない事が相手に認識される事です。
当然主体的に回答を用意する工夫が必要ですが、
この安定択を潰す事で雨展開と相手対応に大きな影響を与える事が可能となります。

この対応からvs雨の択が広がっていくと言っても良いのではないでしょうか。

相手の択が複雑化する事が戦略上どれだけ重要かつ有益かは、
この類いのゲームをやっている人なら当たり前の様に認識しているでしょう。
(択の単純化を利用する戦術を否定するものではありませんが)

Read more...

スポンサーサイト

[1]雨パの基本から見る構築の基礎

〔※基本的な話です〕

雨パには大概鋼が入ります。これは、何故でしょうか。
龍技半減のポケモンが必要だから?そうですね必要に感じます。
では、何故龍技半減のポケモンが必要なのでしょう?

まず雨で使われる基本的なポケモンを確認します。

〔展開基点〕
ニョロトノ(耐性:電×2、龍・格×1)
ニョロトノ
〔展開エース〕
キングドラ(耐性:龍×2、電・格×1)
gdr


雨パの基本展開としてはニョロトノで天候を雨状態にし、
雨状態でメインウエポン1.5倍、S2倍と驚異的な突破力を得るキングドラで掃除するものです。

カバドリュラティとの違いの大きなものにキングドラの積み技不遇があります。
ドリュの剣舞があの3体をより堅い選出に押し上げていますが、
一方でグドラには悪巧みの様な積み技はありません。あるといっても龍の舞でAとSを上げる程度。

ドリュの様に火力上げる事は出来ず、所与の火力で勝ち切る必要があります。
つまり、展開エースのキングドラへの繋ぎ方が基本的な雨選出でもっとも意識しなければいけない点。
特にグドラを使う場合に言える事ですが、雨は展開想定が出来ているかが全て。
グドラの突破に対する懸念を取り除く事に失敗すれば詰み。
極端な話、「急所こいっ!」の世界に入ります。

悪く言えばカバドリュラティに比べて融通が利き辛い。
本当に「ハマれば強い」という表現そのままです。


雨は展開ゲー、そこをまず確認しました。(除:トノピン刺し)
では実際の対戦ではどのような懸念があるでしょうか。


雨展開を許せばグドラで掃除される。相手としては当然雨展開を崩す事を考えます。
数値やタイプで受け切るポケモンもいますが、それらポケモンを絶対に採用するかといえば当然違いますよね?
加え、そういったポケモンは当然雨側にも警戒されている為、
対策網にかかる可能性もあり信じ切る事は出来ません。

そこで、崩し方としては"天候を変える"というのが簡単且つ効果的です。
但し、ニョロトノがいれば再び雨に戻される可能性が高い。
そこで、相手としてはニョロトノを速やかに排除したい。

ニョロトノを倒そうと思ったら分かりやすいのは電気技で仕留める方法があります。
ニョロトノ自身も雨ドロポンという非常に数値の高い攻撃を持つので、誰でもとは行きません。
少なくとも水技への耐性を持つ等対面からでも有利択を取れるポケモンが望まれる所。

これらを満たし、幅広い需要に応える為採用率が高く、超が付く程の一線級ポケモンがいます。


ラティオス
ラティオスですね。C130という種族値と幅広い攻撃範囲を持ち、高いSも持っています。
眼鏡型も多く雷の採用率も低くはありません。

<2へ続く>

雨ラティ

ラティ2

雨パのラティオスについて。
それぞれ構築に組み込む際の思想は異なります。
簡単な特徴しか書かないのであしからず。

何が構築に必要か、何を排除すべきなのか考えられるのはプレイヤー自身です。


①珠
〔技例〕流星、なみのり、瞑想、身代り

雨下の波乗りでオボンでないグロスやハッサムの後出しに圧力。
身代り瞑想でポリ2やサンダーに対処。

ただ、雨パはバンギやナットを非常に呼びます。
そう、これはラティストッパーを呼ぶ事と同義な訳ですね。
ナットにはめざ炎型なら打点もありますが、結局雨とはアンチシナジー。
バンギには上手く身代りを張れれば追い打ちを回避する事は出来ますが、
龍舞されたり、後続に負担を与える事になるのが厳しい部分。
全く使えない訳ではありませんが、雨パのラティとしてはシナジーは薄いと言えるでしょう。
”強いラティオス”とは言えますが、
この型が持つリスク要因や、そもそもの尖っている部分が雨とはそぐわない面が濃い。


②眼鏡
〔技例〕流星、雷、なみのり、トリック

トリックが対受けループは勿論、基本展開補助として優秀。
雨下での必中にもなる雷や波乗りで、オボンでないハッサムグロスは後出しに圧力。
眼鏡なみのりはD努力値割いていないバンギも見れるのも雨としては嬉しい。
眼鏡流星の威力があればカイリューにも遅れを取らないのも有り難い。

注意すべきはトリック後、流星後の対処。
置き土産を同時採用すればトリック~置き土産で拒否性能を高める事も可能。
流星後に関しては、拘っている状態の為当然拒否選択肢はラティ単体では選べない。
眼鏡流星を撃つタイミングは起点とならないタイミングを狙う他ない。
この見極めが出来ないのなら波動や相手PTに一貫性の高い技、
もっと言えばトリックだけ撃ってて下さい。


③スカーフ
〔技例〕流星、なみのり、置き土産、トリック

スカーフラティの範囲を考えると雨ではそこまで需要は感じませんが、
”スカーフトリックが強い”のは間違いない。
雨選出しなかった時に、アバゴーラとかオムスターに破られてオワタとかにならないのは嬉しいっちゃ嬉しい。


④ドラゴンジュエル
〔技例〕流星、雷、リフレクター、置き土産

ジュエル流星は対カイリュー等で使える。
他、雷は威力不足だが雨下必中なだけでも割と役には立つ。
なみのりなら天候の恩恵で眼鏡の威力は出せる。
単純な火力では当然眼鏡や珠以下。ジュエルが優秀なのはリスク管理面に特にあります。
一発ですが火力は持たせられますし、グロスやバンギの後出しにはリフや置き土産で起点を頂きましょう。

この型を使うのであれば後続との組み合わせは念入りに練っておく必要があります。
単純に腐り辛い型ではありますが、このラティが活躍するかは構築の仕込み次第です。
火力、リスク管理、起点作り、これらをバランスよく保てるジュエルラティは好みですね。

色々と役割がありますが、例えば一時期のグロスに言われてた様な過労死というのとも、
そもそも型の思想が異なるので問題ないのも優秀。


⑤粘土
〔技例〕流星、リフ、光壁、置き土産

補助に重点を置く型。
対面の力不足は明らか。当然後続の展開を考えて使いましょう。

Read more...

雨パ【私感】

雨パは簡単に表現するならニョロトノの雨降しにより天候を雨に変え、
それにより恩恵を受けるポケモンで展開を取りに行くパーティ。

特徴は雨によりS補正、水技威力補正、技必中補正、耐久補正が入る事に見られる様に、
天候を奪っている状態では非常に有利な状況を持てる事にあります。
その分主に天候支配に関連して展開を非常に大切にしていく事が重要になります。

雨の要素として最も強力なのはこの攻撃面。
加え、天候とそれに絡む構築の特徴から、天候ゲームになった場合の相対的な相性優位性や、
対ライド性能、対パルシェン等様々な対策要素を組み込む事が可能です。


ただ、雨構築には大きな落とし穴があります。
雨のテンプレ選出はトノグドラ。
しかし、この選出には注意しなければいけません。

何故か。
これは前述の雨の優位性と表裏一体の原因があります。
雨は天候による恩恵が非常に強力。
そして、グドラは典型的な天候依存ポケ。
Sも攻撃も天候に依存しており、ここをが奪われる事によるディスアドは計り知れません。
それに加え、攻撃技が水・龍に偏り遂行範囲の狭さの問題もあります。

通常これを補完するポケモンが3体目に選出されますが、
天候変化技等対策ひとつで天候依存度の高さを逆手に展開を崩され、
尚かつそれが直に負け筋に繋がる点が雨パの脆弱性です。


_________________________________________________________________

余談ですが、春先に雨パを始めた時にグドラを使う事を個人的に渋って(組み込みに難儀して)いたのはこの点からでした。そこでトノラティを基本とし、雨天候を活かした戦い方をするスタンという意味合いで雨スタンというようなものを模索をしていた流れですね。

ただ、やはり雨でここまで強化されるポケモンの組み込みをする事は、
勝筋を増やす事に加え、相手へのプレッシャー等、対戦時に得られるものは非常に大きい。

そこで先月からはグドラ入りで雨を考えていた所でした。


Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。